calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
search
twitter
profile

Cool Equip Pro

Author:Cool Equip Pro
デジタルガジェット,自転車,自動車,家電製品,インテリア等、こだわる方むけの製品をセレクトして紹介します。

shop
internet shop

automobile

computer

home electronics

lifestyle

mobile

roadbike
qr
QR
counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

266

PORSCHE 911 CARRERA CABRIOLET

新型911のバリエーションとしてカブリオレが
追加されました。シリーズ随一の華やかさを
誇るモデルを見ていきましょう。


PORSCHE 911 CARRERA CABRIOLET


こうしてちょっと引いて見てみると、随分大きく、
幅広く、薄く、低くなったものです。
ルーフラインはクーペと寸分違わぬものに
なっているとのことです。
幌の骨がゴツゴツしていた頃の無骨さは微塵
もありませんね。


最新型のクーペを踏襲するインテリア。まんま
パナメーラやカイエンです。
懐古主義に浸るわけではないですけど、
これだけは馴染めません。


とくに、これ。日本の旦那車と同じセンスですよ。
マーケティングの結果といえばそうかもしれ
ませんが、この設計はイケてないと思います(古っ)。


救いは5連メーターでしょうか。流石にアイコン
ですから、ここに手を加えたら古くからの
ファンが嘆くでしょうし、変えなくて正解。
でも、右から2つめのメーターは、さりげ
なく4.6インチのVGAモニターになっていて
モニタリングか加速度など様々な情報を切
り替えて表示できるそうです。


ちょっと薄くなった?フロントシート。形状は昔
のモデルから少し変わっただけに見えます。
このシート、全身をハンモックのように包
み込んでホールドしてくれるんです。基本
設計はあいかわらずRECAROなんでしょうか。


ウィンドディフレクターは2秒で上昇します。
これを上げるとほとんど後方からの風の巻
き込みを防ぐことができるそうです。昔、
ロードスターに乗っていて高速を飛ばした
ら、助手席に置いてあったCDが吹き飛んで
いったことを思い出しました。911ならそん
なことはないのでしょう。当たり前か。


先代の3.6Lのボアはそのまま、ストロークを
詰めて3.4Lとした新型エンジン。高回転型
になってキレ味が増し、5500rpmを超えてか
らの官能度は飛躍的に高まったとの評判です。


デカ尻オンナ(by キリン)と呼ばれた頃からの
お馴染みの後ろ姿。この大きなお尻が加速時
の驚異的なトラクションを生む構造の賜物です。


この角度からの眺めだと、DNAを感じます。
ここまでルーフラインがモダンになっても、
ひと目で911とわかるのは、デザイナーが仕事
してる証拠ですね。

閉塞感に満ちた世の中を突き破るためには、
こんな車を選ぶというのもありかもしれません。
というか、選びたいところですね。

(from webCG)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Google AdSence
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

comments
track back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。