calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
search
twitter
profile

Cool Equip Pro

Author:Cool Equip Pro
デジタルガジェット,自転車,自動車,家電製品,インテリア等、こだわる方むけの製品をセレクトして紹介します。

shop
internet shop

automobile

computer

home electronics

lifestyle

mobile

roadbike
qr
QR
counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

308

AMAZON KINDLE PAPERWHITE, FIRE & FIRE HD

やっとです。やっと、やっと KINDLE が来ました。
10月24日から日本国内での予約が開始され、
Kindle Fire、Kindle Fire HD、Kindle Paperwhite
の3機種がラインナップされています。

発売日は、Kindle Paperwhiteは11月19日、
Kindle FireならびにKindle Fire HD
12月19日販売となっています。

では、シンプルな順番で見てみましょう。

まずは KINDLE PAPERWHITE からです。


AMAZON KINDLE PAPERWHITE, FIRE & FIRE HD


AMAZON KINDLE PAPERWHITE

電子ペーパー版 Kindle の最新モデル。
WiFi版(8480円)と3G版(1万2800円)があります。


重量 213g / 222g (3G版)

Paperwhite ディスプレイは、従来の灰色で暗い
電子ペーパーからコントラスト比を25%改善した
ものです。

旧製品の6インチ800 x 600 (166ppi) から、62%
ピクセルが多い212PPIになりました。
丁寧に作り込んだ日本語フォントも売りだそうです。

反射式で直射日光下でも読みやすいうえ、特殊な
導光フィルムを用いることで、画面を均一に照らす
フロントライトも内蔵しています。

3G版では、通信会社との契約が不要でどこでも
使える無料3Gデータ通信が利用できます。
通信費用はAmazon負担(あるいは端末代金の差や
コンテンツ代金合算)。

WiFi環境がない場所でも、新しい本を物色したり
購入できますが、容量の多いコミックスはWiFi
接続時のみダウンロード可能。

バッテリー駆動時間は 8週間!(無線接続OFF時)。


【主な仕様】

6インチ212ppi 「Paperwhite」電子ペーパーディス
プレイ(2点マルチタッチ)、2GB ストレージ(アマゾン
コンテンツはクラウドストレージが容量無制限無料)
など。


次は、KINDLE FIRE


AMAZON KINDLE FIRE


重量 400g

昨年米国で発売された初代 Kindle Fire をアップ
デートした廉価版です。

重量は400gと7インチ級にしてはもはや重い部類
ですが (iPad mini は7.9インチ4:3 で308 - 312g、
Nexus 7は7インチ340g)、Kindle Fire HD も395g
とあまり変わりません。

HDとの違いはこんな感じです。

・画面解像度が低いこと(1280 x 800 対 1024 x 600)。
・プロセッサが低速
・Bluetooth / カメラ / HDMI がないこと

iPad シリーズと比べると、横のピクセル数が少なく、
動画や写真はともかく漢字のテキストは文字サイズに
よっては厳しくです。ピクセルの細かさを示すPPIは
169で、iPad mini の163とほぼ同等です。

バッテリーは8.5時間駆動。

【主な仕様】

7インチ1024 x 600 IPS液晶(2点マルチタッチ)、
OMAP 4430プロセッサ(2コア1.2GHz)、1GB RAM、
8GBストレージ、802.11b/g/n WiFi (シングル
バンド、シングルアンテナ)、ステレオスピー
カーなど。


最後は真打ちの KINDLE FIRE HD 。


AMAZON KINDLE FIRE HD


重量 395g

7インチのカラー液晶タブレット。
価格は16GB版 1万5800円、32GB版 1万9800円。

海外では1920 x 1200 ピクセルの8.9インチ版も
ありますが、国内では(当初は)ラインナップ
されていません。8.9インチ版のほうが商品力は
あると思いますけど、少々残念ですね。

Androidベースながら、ホーム画面などはアマゾン
の各サービスに直結した本棚スタイルの独自 UI
を採用しています。

アマゾンの動画や音楽コンテンツについては
クラウドストレージが容量無制限無料です。

デュアルドライバ / デュアルスピーカーで
仮想サラウンドにも対応したドルビーオーディオ、
HDMI出力、Bluetooth なども搭載しています。

WWAN (3G/4G)モデルは(当初は) 用意されない
ものの、WiFi については、802.11a/b/g/n 対応
の デュアルバンド x デュアルアンテナ MIMO
で「タブレット最速」を謳っています。

バッテリーは11時間駆動です。

【主な仕様】

7インチ1280 x 800 IPS液晶 (10点マルチタッチ)、
TI OMAP 4460プロセッサ (2コア1.2GHz)など。


正式発表は済みましたから、あとは11月と12月が
来るのを首を長くして待ちましょう。

今年のクリスマスプレゼントにする方が結構
多いような気がします。

(from AMAZON)

※KINDLE FIRE HD は下記2つから AMAZON
 飛んだ先からすぐ探せます。


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Google AdSence
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

comments
track back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。