calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
search
twitter
profile

Cool Equip Pro

Author:Cool Equip Pro
デジタルガジェット,自転車,自動車,家電製品,インテリア等、こだわる方むけの製品をセレクトして紹介します。

shop
internet shop

automobile

computer

home electronics

lifestyle

mobile

roadbike
qr
QR
counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

466

MERCEDES BENZ SLK200 Blue Efficency MT

ドライビングプレジャーという言葉を久しぶりに実感できそうな MERCEDES が、比較的手が届きそうな価格帯で登場しました。そう、SLK にマニュアルトランスミッションモデルが導入されたんです。


MERCEDES BENZ SLK200 Blue Efficency MT

随分とマッシブな造形になり、男性が乗ってもそれほど違和感はなくなった SLK 。ハイテク満載の AT ではなく、マニュアルトランスミッションで PORSCHE BOXTER に真正面から勝負を挑んできた印象です。今の時代、マニュアル車を運転した経験があるのは、多分40代以降でしょうから、大人には楽しいドライブの思い出を想起させ、若い方にはシフトチェンジで車を操る面白さを初めて経験させるという二方面作戦ですから、面白い試みでしょう。


名車の誉れ高きかの190Eアンファング以来、実に21年ぶりに正規販売されるマニュアルトランスミッション。バックギアは左前に入れるタイプのダブルHパターンが記されたシフトレバートップ。懐かしいですね。ドライビングプレジャーの大きな部分を占めるシフトチェンジは、当然ショートストロークタイプです。しかも、マニュアルミッションの泣き所だった坂道発進をサポートするヒルスタートアシストが付いています。サイドブレーキを引かなくても、一定時間はブレーキペダルがフレーキを保持してくれるので、その間にクラッチミートさせてれば車が下がることなく発進できるというわけです。これならマニュアル初心者にも少しは気が楽になるのではないでしょうか。


メインのアナログメーターは左にスピードとフーエル、右にタコと水温となるほか、ATモデルではセンター上部にインジケーターが入ります。マニュアルモデルだとここに何が入るんでしょうか、、、


オープンエアモータリングの爽快感は、一度味わったら止められません。ただ、それを楽しいと思えるかどうかは、首元の保温と風の巻き込みをコントロールできるかどうかです。SLK の場合、これらへの対処は完璧。



しかも、マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ(長い、、、)というルーフがまたスゴイ。クリア・ダークの2モード(右下に写真がありますね)があり、クリアの場合はルーフの光を透過させ、ルーフを閉じたままでも頭上に空が広がります。つまり、雨の日や冬でもオープンエアを味わえます。ダークモードの場合、夏の直射日光を遮断してくれるので、炎天下での車内温度の上昇を防いでくれます。オンプンカーという構造の宿命としてドライバーが我慢を強いられてきた快適性への MERCEDES らしい回答が、この世界初のギミックです。

オープンエアーモータリングの楽しみの演出方法として、クローズ時に付加価値を与えるというアプローチはなかなか面白いですね。オープンエアの楽しさは既に確立できているからこそできることですから、その自信たるや相当のものです。


リヤビューはワイド&ローを強調したデザインです。縦方向の厚みをあまり感じないのは、トランクリッドが薄いことと、バンパー下にボリュームを持たせた効果でしょう。


サイドビューはコンパクトゆえにやや苦手科目のようですね。伸びやかさという点では SL に敵うはずはありませんが、BOXTER にも負けているのはいただけません。というか、この点は FR と MR というボディ構造の違いも大きく影響していますので、ロングノーズショートデッキスタイルである以上、マスが後ろ側に偏るのは仕方ないのでしょう。

なんにせよ、本格的にマニュアルトランスミッションモデルを取り扱ってくれるのは、嬉しい限りです。素のモデルのプライスタグは493万円です。一番身近な MERCEDES のスポーツモデル、この春手に入れてはいかがでしょうか。

【諸元表】

ステアリング 右
トランスミッション 手動6速M/T
駆動方式 後輪駆動(FR)
エンジン
 型式 271
 種類・シリンダー数 DOHC 直列4気筒ターボチャージャー付
 総排気量(cc) 1,795
 ボア×ストローク(mm) 82.0×85.0
 最高出力(kW/rpm(EEC)) 135/5,250
 最高出力(PS/rpm(EEC)) 184/5,250
 最大トルク(N・m/rpm(EEC)) 270/1,800~4,600
 最大トルク(kg・m/rpm(EEC)) 27.5/1,800~4,600
 圧縮比 9.3
 燃料供給装置 電子制御式燃料噴射(直噴)
 使用燃料 無鉛プレミアム・ガソリン
 燃料タンク容量(リットル) 70
 重量・定員
  車両重量(kg) 1,430〈1,460〉 *
  乗車定員(名) 2
性能
 最小回転半径(m) 4.8
 燃料消費率 JC 08モード走行(国土交通省審査値)(km/リットル)-
 主要燃費向上対策 アイドリングストップ機能、可変バルブタイミング、筒内直接噴射

寸法
 全長(mm) 4,145〈4,150〉 *
 全幅(mm) 1,845
 全高(mm) 1,305〈1,295〉 *
 ホイールベース(mm) 2,430
 トレッド(前)(mm) 1,550
 トレッド(後)(mm) 1,570
 最低地上高(mm) 125〈115〉 *
 トランクスペース(VDA方式)(リットル) 225/335〈202/312〉 *
 ブレーキ
  前 ベンチレーテッドディスク
  後 ディスク
 タイヤサイズ
  前 225/45R17〈225/40R18〉 *
  後 245/40R17〈245/35R18〉 *

(from MERCEDES BENZ)

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Google AdSence
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

comments
track back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。